出世できない人、出世できる人。

その違いは、すでに新入社員の時からある程度は決まっているようなもの。そう言われたら、あなたはどう感じますか?「じゃあすでにある程度社会人経験を積んだ人はもう遅いの?」と心配する人。「どうせ自分は出世できない側の人間なんだろうな」とネガティブになる人。「今の上司じゃ出世は難しそうだわ」と諦めている人。

これらに当てはまっているとしたら、このままでは出世は難しいかもしれません。でも、もしあなたが出世したいと思うなら、今から考え方を変えてみませんか?この記事が、あなたを「出世できるタイプの人間」に変えるきっかけになるかもしれません。ということで、出世できない人が心がけることでたちまち「出世できるタイプの人間」に成長できる、コツを10個お伝えします。

【1】デスクの周りを綺麗にする

自分のデスクが整理整頓されているのは、ビジネスパーソンとして基本中の基本です。統計学的に言うと、やはり社長や部長クラスの人には、机が整理されている例が圧倒的に多いです。また、この人は整理整頓できているなと思われていれば、良い印象を持たれるのは間違いありません。出世したい人はまず、職場の「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」といった"5S"を意識してみましょう。

【2】小さな1位を取る

本当なら「営業成績全国で1位」というような大きな1位を取りたいものです。でもいきなりは難しいですよね。なので、まずはどんなことでも良いです。小さな1位を目指してみましょう。電話に早く出るランキング1位。朝早く来るランキング1位。マイナスになるようなランキングでなければなんでも構いません。これにより、上司からの印象も付けにもつながりますし、小さな1位の積み重ねが、ゆくゆくの大きな1位につながっていくのでしょう。

【3】声を大きくする

多くの人はそんなことで良いの?と思うかもしれません。しかしこれも統計学的に見ると、社長は圧倒的に大きな声の人が多いです。ぼそぼそと小さな声でしゃべる人が出世していくイメージ湧きますか?こういった小さなことの積み重ねで、人のイメージは変わっていくものです。出世をしたいと考えるなら、大きな声で「おはようございます!」と挨拶する生活に変えてみませんか?

【4】頼まれたこと以上のことをしてみる

頼まれたことを頼まれた通りにする。これでは、上司の印象に残ることはありません。「ここまでしてくれたのか!」というような驚きを与えることで、あなたの出世街道が切り開かれていくのです。ただ、余計なお世話だよと思われるようなことをしないという注意が必要ですね。

【5】職域を超える

自分の仕事はここまでと線引きをしている人は出世しにくい傾向にあります。ある時はあなたの仕事に関わる、ほかの部署の仕事であったり、隣の席の同僚の仕事も買って出てみましょう。周りからの印象が変われば出世に大きく前進することができます。

【6】上司の誘いを断らない

結局のところ、出世というのは人対人のコミュニケーションの延長線上にあるものです。ただ単に営業の成績が良いというだけで必ず出世ができるというような会社は意外と少ないもの。上司と円滑なコミュニケーションを取れていなければ出世は難しいです。そこで最初は無理してでも、上司の誘いを断らないということを心がけてみてください。

【7】健康に気を使う

社長や部長クラスの人はパワフルでなければ務まりません。パワフルさの源はやはり「健康」でいること。また、病弱な印象を持たれている場合「この人にこの役職を任せるのは不安だな」と考えられてしまうのが一般的です。だからこそ、出世を目指す人は健康にも力を入れていきましょう。

【8】陰口を言わない

よく陰口を言う人は、人の上には立てないということを覚えておいてください。社員からの信頼がなければ出世はできないのです。もしかしたら「よく陰口を言う上司」を見たことがあるという方がいるかもしれませんが、その人は、それ以上の出世は見込めないでしょう。陰口を言う人は必ずいつか、ツケが回ってきます。あなたは陰口を言わずに、さらにその上の役職を目指していきましょう。

【9】「ありがとうございます」の回数を増やす

「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はいないと思います。結局、出世は人のコミュニケーションから生まれていくものなので、まずは「この人と一緒に仕事をしているの気持ちが良い」という印象を持たれれば、一気に出世に近づいていきます。そのためにも誰にでもできる「ありがとうの数を増やす」を実践してみてください。

【10】ポジティブになる!

「ネガティブな人に大きな仕事を任せたいですか?」全国の社長に聞いたら、9割は「ノー」と答えるでしょう。ネガティブ気質な人に大きな仕事や責任ある役職が与えられることはないのです。なかなかネガティブな性格を変えるというのは難しいと思いますが、まずはポジティブな人間を演じることから始めていきましょう。心は必ずあとからついてきます。

「出世が見込めない人と、見込める人の違い」まとめ

いかがだったでしょうか。出世できる人とできない人の違いが、なんとなくでもわかったのではないでしょうか。いろいろ実践してみようかなと思っていただけたら幸いです。でももし、今の会社ではもう出世コースは望めない。そう考えるなら、転職も視野に入れた方が良いです。このまま一生、平社員でい続けるのか。勇気を振り絞って転職をし、出世コースに乗れるように心を入れ替えて仕事に取り組むのか。この選択により、今から10年後の未来がまるで変わってきます。転職をするのは、あなたの意志です。もし転職したいと思うのであれば、私は必ずあなたの役に立てる情報を持っています。最短で転職したいと考えるのであれば、ぜひ下からランキングをチェックしてみてください。もちろん無料で全面バックアップいたします。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事