転職活動にしかない職務経歴書のアピールポイントとは?

「就活」は就職活動の略で「転活」は転職活動の略。これは分かりますよね?ようは転活も就活の一種なんですが、一般的には就活は就業経験のない新卒者が行なうことをメインに捉えられています。このサイト「転活らぼ」でも、新卒採用を目指すことを就活、中途採用を目指すことを転活と定義したいと思います。

「就活」で大事なこととは?

就活で重要なのは、その会社に入ったらゆくゆくは活躍してもらえそうと判断してもらうこと。なので、ポテンシャルを訴求することを注力していたと思います。「自分の性格や指向性は御社のこんな仕事に活かせます」「御社のこんな理念に共感しました」みたいなことを履歴書や面接でアピールしていたと思います。

「転活」で大事なこととは?

一方転職活動ではどうか。まずその企業がなぜ、新卒ではなくて中途採用をしようと考えたのかをイメージしてみてください。理由は簡単。イチから教育していく手間を省きたいから。そのため、就活にはない職務経歴書を重視されます。

そうです。就活と転活が明らかに違うのは「職務経歴書」があるかないか。そんなことは重々承知かと思います。前置きが長くなりましたが、今回の記事ではその「職務経歴書」を書く上でのもっとも大切なことをお伝えできればと思います。結論から言うと、もっとも大事なのは、その企業に合った職務経歴書を作成することです。つまり、どの企業にも汎用できるような職務経歴書は、採用担当にとって良い印象を持たれないということ。

具体例を挙げて説明しますと、あなたは営業経験者だとします。そして、他の企業の営業職に転職を考えています。応募したい企業がガツガツ新規営業をする仕事内容であれば、あなたのこれまでの新規営業の実績をメインに打ち出した職務経歴書にする必要があります。一方ルート営業がメインの仕事内容であれば、お客さんとの信頼関係を構築するのが得意だということが伝わるエピソードを打ち出した職務経歴書にすればいいわけです。

こんなふうに、ただこれまであなたがしてきた仕事を伝えるだけではなくて、新しい会社に入ったらこれまでの経験はこんなことに活かすことができます、という自己PRの要素を盛り込むことが大切なのです。企業の採用担当者は入社後にどのように活躍してくれるか、より具体的にイメージできた人を採用する傾向があります。職務経歴書はただあなたの職務経歴を知りたいのではありません。ぜひ、この先職務経歴書を作成する際は、これまでのこんな経験が御社では活かすことができます、ということを伝えられるような、その企業に合った職務経歴書を作成してみてください。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事