職場で嫌がらせ受けたら、本当に辛い。

という方の、心の支えになればと思い、この記事を作成しています。嫌がらせにも色々な種類がありますが、解決策の参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

職場での嫌がらせの種類

職場での嫌がらせは多くが「ハラスメント」と言われるもの。代表的なのが、セクハラですよね。他にも最近では色々な「ハラスメント」が注目されているので、もしあなたが会社で嫌がらせにあっているとしたら、どの「ハラスメント」に該当するか、確認してみてください。合わせて対処法もお伝えしていきます。

「セクハラ」とは?

セクハラというのは一言で言えば「性的嫌がらせ」。例えば先輩や上司といった地位を利用して性的な要求をする。さらに拒まれたときに不利益を与える。このようなことがセクハラにあたります。あからさまなものではなくても、嫌がらせと相手が取ればそれは、セクハラです。嫌がらせの定義は曖昧で、本人が嫌がっていなければ嫌がらせにならないのですから、セクハラに該当するかどうかは相手次第です。つまり、全く同じ言動を複数の人にして、ある人は気にもせず、ある人はセクハラと感じるということも。また、本人が嫌がっていなくても周りが見て嫌な思いをしていれば、セクハラとして成立してしまうものでもあります。

「パワハラ」とは?

パワーハラスメントとは、同じ職場の人に対して、ポジションや役職、社歴で優位に立っていることを利用して、精神的・身体的苦痛を与えることをいいます。叩く、殴るといった身体的なことから、同僚の前で罵声を浴びせるような精神的なもの。あえて孤立させるといった陰険なやり方や、出来るわけのないような過大な要求をするといったものまで。さらに細分化することも出来るほど、幅広いです。

「モラハラ」とは?

この「モラルハラスメント」も職場で行われれば、一種のパワハラと言えます。しかし、あえて違いを言うとすれば、モラハラの特徴は、静かに、そして陰湿に行われるということです。よくあるモラハラを例に挙げると「無視」「わざとらしい咳払い」「相手を見下すようなしぐさ」などなど。このモラハラの厄介なところは、周りから見て、気づかない人は素通りしてしまうようなところです。つまり、同じ部署にいる人でさえ、モラハラがあることに気付かないというケースが多々あるのが現状なのです。

「マタハラ」とは?

「マタハラ」とは、マタニティハラスメントの略のことを言います。働く女性が妊娠・出産・育児をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠・出産・育児などを理由とした解雇や雇い止め、自主退職の強要で不利益を被ったりするなどの不当な扱いを受けるケースが挙げられます。具体的には「休めていいよね」「残業できないと他の人に迷惑かかっているよ」というような嫌味を言われるケースがもっとも多いでしょう。また妊娠を報告した時、産休・育休に入る時、復帰して時短勤務を始める時など、マタハラが起こるシーンも、1つではありません。

「スメハラ」とは?

最後にスメルハラスメントについてご紹介します。簡単に言うと、ニオイによって周りの人に不快感を与える事を指しています。このケースは、加害者ですら気づかずに、いつの間にか「臭い」と周りから思われてしまうことも。原因は、口臭、体臭、強すぎる香水など、様々ですが、気づかぬうちに加害者になっていないように、気をつけてケアしていきましょう。

どんな人が嫌がらせをしてしまうの?職場で嫌がらせをする人の特徴

嫌がらせをする側の人にも、ある程度共通した特徴があったりします。例えば、人の痛みが分からない環境で育ってきた人親からの愛情不足、親からの虐待など、虐待を受けた経験のある人が、自分の子供にも虐待をしてしまうというのは、よくある話。このように、育ってきた環境が原因で人の痛みが分からない心理状況になってしまっているケースがあります。正しく愛情を注がれてこなかったので、自分も愛情の注ぎ方がわからないのです。他にも単純に、人への嫌がらせをすることがストレス解消目的になっている人もいます。プライベートが充実していない可能性が高いですが、これは完全な弱いものいじめ。休日も楽しめていないため、職場でストレスを解消させるしかないのです。他にも意外かもしれませんが、自分に自信のない人も、嫌がらせをする傾向があります。自分に自信がないあまりに、周りの人を落とそうとする。これが、自信のない人が嫌がらせをする心理です。

職場で嫌がらせをされた時の対処法はコレ!

記録を残す

これは直接の対処法ではありませんが、嫌がらせをされた時のことを残しておくことで、後々優位に立てるケースがあります。例えば、罵声を録音したり、嫌がらせメールを残しておいたり。これは、できれば必ずやっておいてください。

上司に相談する

これは、嫌がらせをしてくる人が上司ではない場合のケースです。あなたの上司は、あなたが気持ち良く働ける環境を用意するのも、仕事の一つです。だから、遠慮なく相談してみてください。意外とあなたが受けている嫌がらせに気づいていない可能性があります。ここで大切なのは、ただ単にグチのようになってしまうと良くありません。ある人にされた嫌がらせをできるだけ具体的に伝えましょう。

異動する

これはもちろん、希望する誰しもが叶う話ではありませんが、ある意味一番手っ取り早い方法。同じ会社にいながら、嫌がらせをしてきた人から避ける最善策と言っていいでしょう。とはいえ、嫌がらせを避けるために異動して、希望しない仕事をするのでは、本末転倒。やはり重視すべきなのは、やりがいある仕事ができる環境でしょう。

いかがだったでしょうか。

このような嫌がらせが続けば、被害者の心は深くえぐられ続けます。さらに嫌がらせを受ける人の中で多いのが、「自分がいじめられた」「相手を許せない」と思うのではなく、「自分はダメな人間なんだ」「自分なんて誰にも相手にされない」…と自罰傾向が強い人です。自分で自分を信じられなくなり、徐々に心が衰退していってしまう傾向があります。あまりにもこのような嫌がらせが続くと、あなたの精神的にも良くありません。その結果「職場うつ」という病気に発展してしまうことも。もしかして自分は職場うつかも?とお思いの方は、こちらをチェックしてみてください。
職場うつの症状と、重症化する前に脱出する方法

そして、今日ご紹介した方法でも、どうしても解決できないという方は、最後の手段があります。それが「転職」です。もしあなたが、もうこれ以上、人付き合いで悩みたくないというなら、人付き合いがほとんどないお仕事に就けば、解決できます。
人付き合いが苦手な人必見!人との関わりが少ないお仕事6選!

とは言っても、そんなに簡単に転職なんてできないでしょ?とお思いの方も、ご安心ください。すぐに、転職できる方法もご紹介しています。今の時代、転職するには「転職サイト」に登録することが必至です。ハローワークに出向いて相談するだけでは、良い会社と巡り合える可能性は非常に低いです。なので、まずはこちらを参考に、転職サイトに登録してください。

おすすめの記事