職場で孤立してしまって、誰とも仲良く話せない。

嫌なことがあっても相談できる相手もいない。こんなふうに、職場で孤立してしまうのって本当に辛いですよね?職場での孤立が原因で退職してしまう人も、実際に少なくありません。

しかし、この職場での孤立という問題は非常にナイーブなものなので、これまで職場での悩み相談に乗ってきた私でも「頑張って他のグループと馴染むべき」というような無責任なアドバイスはできません。

ではまず、職場で孤立してしまう人はどんな原因が考えられるのでしょうか。こちらに代表的な原因を5つ記載するので、職場で孤立してしまって悩んでいるという方は、どこに当てはまるかチェックしてみてください。

職場で孤立してしまう人の5つの原因

【1】無口

同僚から話しかけてくれてもそっけなくて無口になりがち。さらに自分からは誰かに積極的に話しかけるようなことはしない。これでは職場で孤立してしまう可能性が高まってしまいます。

【2】気遣いができない

例えば与えられた仕事しか絶対にやらない。他の人が困っていても自分には関係ないから知ったこっちゃない。社内の誰かに連絡する時もそっけない。このように気遣いができないと、どうしても職場では孤立してしまいがちです。

【3】仕事が遅い

仕事が遅い人は、同僚の反感を買われがちです。そんな方にはこちらの記事も見ていただきたいのですが「残業ばかりする人必見!「仕事が遅い人」から脱する方法」仕事が遅いと、どうしても同僚からは良い印象では見てもらえません。その結果、仕事が遅い人は職場で孤立してしまいがちということです。

【4】ノリが悪い

これは個人の性格の問題なので改善も難しいと思いますが、例えば飲み会の参加率が非常に低いであったり、飲み会に出ても自分から積極的に話に入ろうとしないであったり。こんなふうにノリが悪いと思われてしまうと職場では孤立してしまいがちです。

【5】感情が表に出やすい

仕事で嫌なことがあるとすぐに表情や態度に出てしまう。これでは周りの人からすると気分屋に見えてしまいます。その結果、話しかけられる機会も減ってしまい、職場で孤立するという状況に陥ってしまうのです。

 

これらの他にも原因はたくさんあると思います。職場で孤立しているけど、これらのどの原因にも当てはまらなかったという方もいるでしょう。

どちらにしても、職場で孤立しているという方に、ぜひお聞きしたいことがあります。

あなたは今の職場で孤立している状況から脱したいですか?

今の職場でなら同僚と仲良く打ち解けたいとは思えないという方でしたら、無理に仲良くしようなんて考える必要はありませんよ。そういう方が楽になれる2つのステップをお伝えします。

職場での孤立が楽になる方法

【ステップ1】とにかく仕事に没頭する

仕事中はとにかくバリバリ働く。仕事が遅いとは思われないように仕事だけに集中する。同僚とは仕事で必要なコミュニケーションだけでいいので、とにかく仕事は出来る限り完璧にこなしていくことを意識します。つまり、無理してコミュニケーションを取ろうとしなくていいのです。昼休みも仕事をしていてもいいかもしれません。

【ステップ2】プライベートを充実させる

極力残業をしないように、定時までに仕事を完璧に終わらせて、退社後のプライベートを充実させるようにしましょう。趣味や習い事、友人と会うでもなんでも構いません。このプライベートがあるから辛い仕事も頑張れると思えるようにとにかく仕事をきっちり終わらせてプライベートを充実させましょう。

 

このように仕事とプライベートを完全に切り分けるといいです。そうすれば人生が豊かになります。その結果、仕事中もイキイキとしてくるので、自然と周りからも気にかけられ、結果的に職場でも孤立しなくなってくるということもあります。

でもどうしても今の職場では孤立してしまう問題が解消されない。もう今の会社には行きたくないとまで思いつめてしまっている方は、無理してその会社で働き続ける必要はありません。

仕事は人生の大半の時間を占めることです。そのため、仕事を充実させれば人生が充実します。

どうしても職場で孤立してしまうというタイプの人は、人付き合いが苦手な人はこちらの記事「人付き合いが苦手な人必見!人付き合いの少ないお仕事6選!」を参考にあなたに合った仕事を探してみてはいかがでしょうか?

職場で孤立してしまいがちな人でも、きっとあなたにぴったり合う仕事が見つかるはずです。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事