仕事のミスが多い人は変われる?

仕事でミスをすると本当、憂鬱ですよね。ミスが続くと自分が嫌になります。ミスをしてしまい、凹んでいるという方は、こちらで勇気付けてください。(仕事で失敗した日の立ち直り方はコレ!名言+応援ソング【17選】)ただできればミスはしないで、順調に仕事をこなしていきたいと思うのが普通の人の感覚でしょう。では仕事でミスが多い人はどうすれば変われるのか。実は意外とささいなことの発見で、ミスが劇的に減るということもよくある話なのです。この記事で、あなたが仕事のミスが多い人を卒業するきっかけとなれば嬉しいです。

仕事のミスが多い人の特徴と原因とは?

それではさっそく仕事のミスが多い人の特徴と原因を見ていきましょう。特徴が分からなければ原因を突き止められませんし、原因が分からなければミスを減らす方法も突き止められません。そこでまずは、仕事のミスが多い人の特徴から考えていきましょう。「自分には当てはまっていないか?」という視点で見てみてください。

仕事のミスが多い人の特徴7選

ミスをしてもその場だけの反省

ミスをするとへこみますよね?でもそのことから早く立ち直りたいあまり、すぐに気持ちを切り替えてしまう。そのような方も多いです。ミスをした時は反省するけど、その場だけ。今後も同じミスを繰り返さないように対策を練らずに、すぐに忘れてしまう。これではミスは減りません。

タスク管理が下手

社歴が長くなってくると、だんだん割り当てられる仕事量も増えてきます。そうすると、これまではその場しのぎでさばけていたタスクも、溢れてきてしまいます。つまり、あなたがやらなくてはいけない仕事をやり忘れてしまうということ。これは大きなミスにつながってきます。以上のことから、割り振られた自分がすべきタスクの優先順位をつけて確実にすべてを完了させるためのスケジューリング、タスク管理が下手な方は、ミスが多くなってしまいがちです。

同じミスを何度も繰り返してしまう

「これ前も言ったと思うけど」「何度も同じ注意されないで」こんなふうに怒られたことはないでしょうか?ミスが多い人の特徴として、同じミスを繰り返してしまうというケースがよく見られます。なぜ、同じミスを繰り返してしまうのか、同じミスを繰り返さないために、どんな対策をすれば良いのか、ここが突き止められていないということでしょう。

面倒くさがり屋

人間は誰でもミスをします。でも、そのミスは最後に確認するだけでも、大幅に減らすことができます。しかし、最後に確認するのが面倒だからそのまま提出してしまう。メールを送る前に最終確認することなく、送信ボタンを押してしまう。というように最後の確認をすればミスは防げていたのに、面倒くさいから確認を怠ってしまった。これではミスは減りません。

残業は1分でもしたくない

あとこれだけ仕事が残っているけど、残業はなるべくしたくないから、早く終わらさなきゃ。こういった焦った気持ちで仕事を進めていては、どうしてもミスは出てきてしまうものです。残業したいという人はいないかと思いますが、残業したくないからといって、小手先で急いで仕事をこなしてしまえば、ミスは減らすことができないでしょう。

整理整頓ができない

例えば机の上がいつも散らかっている。引き出しの中も整理整頓されていない。こういった方は、必ずしもそうとは限りませんが、多くが仕事を片付けるのも苦手という人が多いです。つまり、上で挙げたタスク管理が苦手という方もこちらに該当するでしょう。また、身の回りが散らかっているがために、大事なメモ書きが見当たらなくなってしまい、ミスにつながるということもありえる話です。

ミスをした時につい言い訳をしてしまう

叱られると、ほぼ反射的に言い訳をしてしまう。こういった方が非常に危険なのが、自覚症状がないということです。ミスをして怒られても、どこかで「しょうがない」「原因は自分以外の違うところにある」という思考のクセがついている人は、ミスを減らすのに、かなりの労力と時間がかかってしまいます。そして、厳しいことを言うようですが、こういう方は、どの環境に移っても(たとえ転職したとしても)ミスはまず減らないでしょう。

仕事のミスの原因5選

いかがでしょうか?上に挙げた特徴にいくつか当てはまっていた人は非常に危険です。そして仕事のミスが多いという人は、年を重ねるにつれて、年々改善するのが難しくなってきます。つまり、若いうちにミスをしない人に変わらなければ、一生ミスし続ける人生のままになってしまうリスクがあるということです。では次に仕事のミスをしてしまう原因を挙げていきたいと思います。仕事のミスが多い方は、原因を突き止めて、解決策を見出していきましょう。

作業として捉えてしまっている

「やらされ仕事」という意識の状態では、ミスを減らすことはできません。その仕事は何のために自分が担っていて、どのような役割、影響を与えるものなのか。ここまで考えて仕事を進めていると、自然とミスは減っていくものです。しかし「やらされ仕事」「作業」というように捉えてしまうと、身が入らないだけでなく、ミスをすることで与えてしまう悪影響まで考えられていないということです。抽象的なマインドの話にはなってしまいますが、この根本的なことが原因で、仕事のミスが多いという方は、非常にたくさんいます。

メモを取らない

日頃からメモを取るクセがついている人は、やはり仕事のミスも少ないです。どんな仕事で、いつまでに、何のために、何を注意して、という大事なポイントをきれいにメモできている人は、仕事のミスはほとんどすることがありません。仕事のミスが多くて悩んでいるという方はまず、なんでもメモを取るということから始めてみてください。

仕事のミスを気にし過ぎてしまう

仕事でミスをして怒られるというのは、誰しもが気持ちの良いものではないはずです。しかもミスを繰り返していくたびに自己嫌悪にも陥ってしまうでしょう。「ミスをしてしまう自分はダメな人間だ」「もうミスを繰り返したくない」「またミスをしたらどうしよう」こういったネガティブな思考が常につきまとっていると、その思考自体が原因となり、さらなるミスを生んでしまうことがあります。ミスを気にしないというのはもってのほかですが、いつまでもくよくよするくらいなら、確実に繰り返さない策を練って、すぱっと切り替えるほうが身のためでしょう。

最後の確認を怠る

仕事というのは、ミスがないかを最後に確認して問題ないと判断をした時に、完了するものです。しかし、最後に確認をしないで完了と判断してしまう人が非常に多いのが実態でしょう。最後に確認をしておけばミスを防げたのに、確認を怠ることでミスをして怒られる。非常に損をしているということに気付いて欲しいです。

できないことをできないと言わない

日々の仕事をしていると、どうしても自分にはできない仕事をふられることもありえます。しかし、その時にはできないのに、無理してやる必要はないのです。いったんは受けた仕事でも、どういった理由で今の自分にはできない。だから、違う仕事を振ってもらうか、やり方を教えてもらうかをして、解決策を見出す必要があります。無理な仕事を無理に進めようとしても、ミスが起きてしまうのは当たり前の事なのです。

仕事のミスを劇的に減らす方法

あなたが仕事のミスをしてしまう原因はわかりましたか?原因さえ突き止めてしまえば、改善することはそこまで難しいものではありません。ぜひあなたも、原因を解明して、仕事のミスを劇的に減らして欲しいです。では、ここからは実際に、あなたのミスを劇的に減らす方法についてお伝えしていきたいと思います。

2回チェックする

すごくシンプルな方法ですが、作業が完了したと報告する前に、2回チェックすることをクセづけてみてください。2度目のチェックでミスに気づくということがかなりあると思います。そして2度目のチェックで気づけたミスは、これまでなら指摘を受けたり、怒られていたり、したことです。こんな単純なことでも、大幅にミスを減らすことができるので、ぜひ実践してみてください。

ミスを起こした原因と対策を考えるクセをつける

ミスをしてしまったら「またミスしちゃった」で終わりにしてはいけません。なぜミスをしてしまったのか。その原因を、ミスが発覚した瞬間に考えるクセをつけてみてください。そして、同じミスをくりかえさないために、今後はどのようなことに気をつけて仕事をしていけな良いのかも、考えるのです。ポイントは、ミスが発覚した時に、原因と対策のすべてを考えることです。

仕事の目的を理解する

ここができていない人もすごく多いですね。あなたがすべき仕事が、どのような目的があるかを把握することが、実はミスを減らすために非常に重要になってきます。あなたの仕事は誰のために、どんな役割を果たしているのか、じっくり考えたことがありますか?もし分からなければ上司や先輩に聞いてみてください。誰のために、なんのために、ここが理解できると、あなたの仕事を先で待ち受けている人たちがイメージできるようになります。このように、仕事の目的を理解するだけで不思議と仕事のミスが減るのです。

まめに進捗を共有する

「今ここまで進みました。」というように、途中段階でも進捗を報告することは大事です。これにより、報告をした先輩や上司から「そこまで進んだなら次はここに気をつけてね」というようなアドバイスをもらうことができますし「ここはこうしたほうがいいな」というように、ミスを未然に防ぐことができます。また、常に進捗を報告してくれる社員というのは、そうでない社員に比べて信頼を獲得できるので、社内でも良い印象を持たれやすいでしょう。

格好つけようとしない

「ミスをしないほうが格好良い」「質問をしないほうが格好良い」「仕事の進め方を質問しない方が格好良い」そんなふうに感じている方もいるかもしれませんが、それでミスをしてしまっていては何の意味もありません。それならたくさん質問や相談をして、ミスをしないほうが、よっぽど効率的だし、社内からも評価されます。どうしたって、人間はミスをしてしまうものなので、いかにしてミスを減らすか、ということを考えてみてください。

それでもミスをしてしまったら?

「ミスは絶対にしてはいけない」「ミスは許されない」そんなふうに気負いをしてしまうと、変に力が入ってしまい、返ってミスを誘発してしまいます。だから、いかにしてミスを未然に防ぐか、減らすかという考え方をしてください。ミスをゼロにすることは不可能なのです。では最後に、それでもミスをしてしまったら、どうすべきかということをお伝えして、この記事を締めくくりたいと思います。

すぐに報告する

ミスが発覚したらすぐに報告。これに尽きます。報告を遅らせることでのメリットは1つもありません。すぐに報告することで、ミスによる被害を最小限に抑えることができます。

報告時に対策まで伝える

報告時にはなぜ、そのようなミスをしてしまったのか、今後はそのようなことが起きないようにどんな対策をするのか、ということまで伝えます。ここでのポイントは言い訳をしないこと。自分が悪いということは全面に認めた上での、今後の対策を伝えてください。これにより、対策をしっかりと実践しなければというような思考になり、自然とミスが減っていくでしょう。

今後はミスをしないと誓う

ここも報告時のことですが、今後は同じようなミスは2度としませんと誓ってみてください。宣言した通りにミスを繰り返さないためにはどのように行動すれば良いのか、ということを無意識のうちに考えて行動できるようになります。無理やりミスを繰り返せない状況に自分を追い込むというイメージです。

先輩や上司に相談してみる

仕事でミスを繰り返してしまうということは、自分では気づけていない原因があるのかもしれません。こういった場合、なんとかして自分で気付こうとするのは、かえって遠回りだったりします。それなら先輩や上司に、なぜミスを繰り返してしまうのか、ミスを繰り返さないためにはどうすれば良いと思うかを聞いてみるという手もあります。先輩たちは、それまでのあなたとは全然異なる方法や考え方で仕事を進めているかもしれません。

病気を疑う

もしかしたら、あなたは何かしらの病気に侵されていて、ミスを繰り返してしまうのかもしれません。そしてミスを起こしやすい病気として多く挙げられるのが、発達障害やうつ病です。もしあなたが「自分はうつ病なのでは?」と疑われていたら、こちらを参考にしてみてください。(職場うつの症状と、重症化する前に脱出する方法

自分に向いている仕事なのかを考える

その人に向いている仕事と向いていない仕事がある。これもまた事実です。適材適所という言葉もありますが、あなたが本当に向いている仕事ができているかを疑ってみてください。あなたに本当に向いてる仕事に就くことができたら、その瞬間から一気にミスが減ってくるということは、実際に良くある話なのです。そのためにはいろいろな仕事を見つめ、あなたが向いている仕事を探さなくてはなりません。そこで必要になるのが当然、転職サイトです。あなたに向いているか向いてないかをジャッジするためには、嘘をつかない、求人原稿をなるべくたくさん見比べる必要があります。そこで以下に、私がこれまで制作に携わってきた中で、自信をもってお勧めできる転職サイトをお伝えしています。あなたの今の仕事があなたに本当にマッチしているのか、ここを知るためにも、他の仕事内容をみることは大事です。そのためにも、まずは以下の転職サイトから他社の仕事内容を見比べてみてください。

banner1

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事