転職活動において学歴は“ほぼ”関係ありません

なぜ“ほぼ”という言葉を使ったのか。

そこは、あとでお伝えしますが、まずこの記事は、学歴がなくて転職活動に負い目を感じてるあなたに贈るメッセージです。結論からお伝えすると、これからの時代、転職活動においては学歴を気にされる確率はどんどん下がっていくでしょう。大企業の役員クラスの人たちは皆、高学歴なのも事実です。しかし、万年平社員、窓際族にも、難関大学卒業者がわんさかいるのも事実。つまり「結局は入社してからいかに活躍してくれるかだよね」という点にフォーカスした採用担当者が確実に増えてきているのです。そしてこの流れはこれからますます強まっていくでしょう。なぜかって?この記事を読み進めていただけば、その理由もわかるはずです。

学歴社会の新卒採用と実力社会の中途採用

新卒の採用担当者が、優秀な学生たちを探す時、どうしても学歴に頼ってしまいがちです。でもそれは仕方がありません。社歴のない学生たちを判断する上でどうしても学歴というメジャーを使わざるを得ないのです。ではこれが中途採用になるとどうでしょうか?中途採用には新卒と異なり「職務経歴書」というものを見られます。結論から言えば、中途採用の担当者は、ほぼ「職務経歴書」しか見ません。求人広告では「未経験者歓迎ですよ♪」とか言っておきながら、結局は「職務経歴書」に書かれた、あなたのこれまでの経験しか見ていないのです。

なぜ、新卒は学歴社会なのか

新卒の学生を採りたい企業というのは、つまり学生たちの伸びしろに注目しているのです。今すぐに活躍してほしいのではなくて、長い目で見て将来、活躍できる人材を採りに行っているわけです。企業もじっくり時間をかけて活躍してもらうまでの教育期間を設けています。そのため、苦しい受験勉強に耐え抜いた我慢強い高学歴の学生を採りたいと思うのは、自然な流れと言って良いでしょう。

なぜ、中途は実力社会なのか

中途採用をしている企業はなぜ、新卒採用ではなく、中途採用なのでしょうか?それは当然、これまでの職務経験を活かしてほしいからです。新卒の新入社員よりも高い初任給を払うから、これまで培ってきた経験やスキルを活かしてほしいと思っているわけです。もうこの時点で、学歴はほとんど、どうでも良いということです。

これが新卒と中途の大きな違いでしょう。もしあなたが転職を考えているのであれば、学歴コンプレックスに嘆いている場合ではありませんよ。これまでの職務経験でどんなことを学んできたのか。どんなスキルを身につけてきたのかを、アピールして戦っていかなければいけないのです。とはいえ、まだ残っている1つのハードルがあります。

大卒か否かではまだ見えない線引きをされることも

特に人気職種や人気企業になると、中途採用であっても、応募が殺到するケースがあります。中には10倍、30倍、100倍という倍率になるケースも。こうなると採用担当者は一人一人の職務経歴書をじっくりと読み込んでいく時間がなくなってしまいます。そこで「大卒」というふるいにかけられてしまうのです。どこの大学を出たか、というのはどんどん影響力がなくなってきましたが、大学を出ているかいないか、という点では、まだ線引きをされるケースがあるということです。これが冒頭にお伝えした、転職活動において学歴は“ほぼ”関係ありませんという、“ほぼ”がつく理由です。

学歴コンプレックスにチャンス到来!学歴を求めることが不毛と気づく人が続出?!

中途採用で学歴を見られなくなったきたということをお伝えしてきましたが、昔からそうだったわけではありません。今から10年前の中途採用市場では、まだまだ学歴社会という風潮が根強く残っていました。ではなぜ最近になって、学歴で判断されるケースが減ってきたのでしょうか。

これからはより個の力が求められる時代に

以前は年功序列、つまり学歴に加えて、社歴や年齢により出世する人が決まっていました。年齢を重ねてきたから、そろそろ役職をつけてやるか。そんな感じです。しかし、今はどうでしょうか?年下の上司が年上の部下に指示を出す。こんな下克上のような状況が当たり前のように起こっているのです。どういうことかというと「個の力」を持っている人に責任ある仕事を任せるべきだ、という風潮が強まっているということです。言い方を変えれば、より実力社会になってきているということでしょう。

こういった世の中の流れからか「自分も実力で勝負したい」という志向性の人が増えてきているようです。そして実際に実力で成り上がってきている人も増えてきています。どんどん学歴社会から実力社会に変わってきているのです。もしあなたが学歴コンプレックスを持っていたら当然、実力で勝負するしかないということです。実力があっても学歴がないから良い思いができなかったという時代は終わろうとしているのです。

学歴コンプレックスが勝ち抜ける会社とは?

では、どういう会社に入れば、より「学歴」よりも「実力」で評価してもらえるのか。気になる方もいるでしょう。現在も求人原稿のライティング依頼を多く受けている私が思うに、学歴に左右されず、皆平等に実力で勝負したいのであれば、いわゆる営業会社で勝負すべきでしょう。営業会社というのは、営業色の強い会社。つまり、営業成績が良ければ偉い。そこには学歴も社歴も年齢も一切関係ない。というとてもシンプルな評価制度を取っている会社です。そういった営業会社の特徴は、

・平均年齢が若い
・設立から浅い
・規模が100名以下

のところが多いです。実際にこういった会社に取材に行くと、入社半年で成績を認められてリーダーを任されていたり、入社2年目の社員が年収1,000万円を超えていたり。どちらの人も大学を出ていないいわるゆ高卒の人たちでした。営業職について詳しく知りたいという方はこちらも参考にしてみてください。「営業の仕事内容とは?あなたにぴったりな営業職を見つける方法

まとめ

新卒はこの先もまだまだ学歴社会が続く。しかし、転職市場は年々、学歴社会から実力社会に変わって来ている。そして実力社会の会社に転職したい人は、営業会社に転職すべき。そうすることで、学歴コンプレックスの人でも、入社1年で役職や年収1,000万円も目指せるということです。この記事にたどり着いたあなたの、学歴ではなく実力にスポットライトが当たり、飛躍されることを願っています。

 

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事