私はこれまで、1,000本以上の求人原稿を書いてきました。1年中求人原稿を書いていると、やけに原稿作成の依頼が集中する時期が年に2回あるのです。1年でもっとも求人数が多い時期と、その理由を探ってみました。そして、1年で1番アツい、転職時期を考察してみたので、記事にしたいと思います。

転職求人がもっとも多い時期は、いつ?

年間を通じて見ると、一般には3月〜4月と9月〜10月に求人が一気に増えていきます。その時期は、年度の切り替え時期や半期終了の区切りの時期が多く、採用ニーズが高まるのです。新規事業などもこの時期に一気に増えていくので、新たな人材確保が活発になります。

 

【3月〜4月と9月〜10月に退職者が増える理由は?】

9月〜10月に多い理由は、ボーナスや賞与を貰った後に辞める人が多いからです。当然、辞めてしまえば賞与はもらえなくなってしまいます。本来貰えるはずだったものは、貰ってから立ち去りたい。そう考えるのがふつうですよね。ボーナスや賞与は過去の実績に対して貰えるものです。だからこそ、きっちり貰った上で辞めていく人が多い。これが9月〜10月に多い理由ですね。

3月〜4月に多い理由は年度末による人事異動が多い理由でしょう。また、この時期は社内でも一旦、大きな区切りを迎えますよね。働いている人たちもどうせなら、区切りよく辞めたいと思うものです。ほかにも、会社に退職の意志を伝えると「では3月末まで頑張って欲しい」なんて言われることも多いようです。人事異動を命令されて、それなら辞めると言って退職する人もいるでしょう。そのような複合的な背景があり、3月〜4月には退職者が多く出るため、採用ニーズがグッと高まっていくのです。

 

【では、いつ転職活動をすべきなのか】

一般的にこの業界で言われているのは、1月から3月の求人が増える時期です。1月から3月は会社の決算である4月の前ですよね。そのため、人員計画の見直しや予算の消化を行うようになる月なのです。また、新卒採用は4月から6月に集中します。その前に中途採用をしておこうという意識が高まるのもこの時期だと言われています。また、ボーナスがある会社では12月に冬のボーナスをもらうようになりますよね。そのため、ボーナスをもらったら辞めようとしていた人の穴埋めとして、求人が行われるようになることも多いのです。このようなことから1月から3月に転職を考えるようにすることで、より次の就職を見つけやすくすることができると言われています。

9月から10月も求人が一気に増える月だと言われています。これは6月のボーナスをもらった後に仕事を辞めた人の欠員補充の為です。ボーナスをもらった後に辞めるとなると、引き継ぎなどを行って7月から8月の間に退職を行うようになりますよね。その後の月でもある9月から10月に新しい求人が出ることが多いと考えることができます。また8月はお盆休みがあり、大型連休を挟むため求人が停滞しやすくなる時期だとも言われています。その反動で9月はお求人が増えるのです。

半年以上ずっと求人を出していたのになかなか決まらないという会社は12月までに採用したいと焦るようになります。また、引き継ぎのなどのことを考えても採用するには9月から10月が年末にかけてのギリギリだと考えるようになるのです。ある程度、スキルや経験を落としてもいいから人を採用しようという意識になることも多く、この時期は就職が決まりやすい時期とも考えられています。

 

【まとめ】

ここまでお伝えしてきたのはあくまでも「一般論」。でも、私は本当にそうなのか?とも思うのです。というのも、求人が多い時期=転職活動してる人も多い時期、ってことですよね。つまり何が言いたいかというと、ライバルが多くなるということです。需要も多ければ供給も多いという状態になります。1社あたりの平均応募数で見ると、この時期は他の時期に比べて多くなっているかもしれません。(そこまでは調べられませんでした。。。)そして、求人広告というのは基本的には1回の掲載で約2週間。その期間中に来た応募者の中から大体は内定を出すことが多いです。つまり、たったの2週間しか、人の目に触れていないケースがほとんど。そう考えると、改めて転職っていうのは、運命みたいなもんなんだなと思うわけです。だって、もし2週間後に転職を始めたら、今掲載されている企業は多くが入れ替わっているんですよ。

ということで、私が出した結論はこちら。
「転職をこの時期にすべき、というのはない。したいと思った瞬間にすべし。」

です。結局、転職はすべてがめぐり合わせなんですよね。だから、あなたの最適だと思うタイミングでいいのではないでしょうか。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事