晴れて希望の企業から内定をもらえたら、次に待っているのは給与など、条件面の面談。本日は、

初任給をアップさせることができる

かもしれない、裏技をご紹介したいと思います。とは言っても、非常にシンプルな内容です。そして、この裏技は応募時にのみ、使えるものとなっています。

ではさっそく、具体的にすることですが、あなたが応募しようと思っている企業が「○○株式会社」だとすると「○○株式会社 転職」「○○株式会社 採用」というようなキーワードでググってみてください。あなたが応募しようと考えていた求人媒体(リクナビネクストなど)以外にも求人情報が掲載されているページが複数出てくる場合が良くあります。今は人材採用が難しい時代なので、一つの媒体のみに掲載するというのは、意外と少ないものなのです。

その複数の求人情報の給与欄を見比べてみてください。仮にあなたが応募しようとしていたリクナビネクストの給与が「月給20万円以上」となっていて、他のエン転職の給与欄は「月給23万円以上」となっていた。となれば、わざわざリクナビネクストから応募する必要はないわけです。エン転職から応募するだけで、月給が3万円、年収で36万円をアップさせることができるわけです。

どうして、媒体ごとに給与が変わる現象が起こるのか。

これも求人業界の裏側を少し覗くとすぐに答えが見えてきます。企業側は当然、少しでも低い給与で入社してほしいという希望があるでしょう。だから、初めて求人情報を出すときには低めの月給を記載するケースが多いです。しかし、応募は思うように集まらない。そこで、違う媒体にも出そうと他社に相談する。すると「今の給与じゃあ応募は集まらないですよ。あと3万円月給をアップしてみませんか?」というような提案を受けるのです。媒体側も、他の媒体よりうちから応募を集めたいと考えるので、このような提案を行なうのです。その結果、媒体ごとに給与の差が生じる。

過去に私が求人広告を書いた企業では、Aという媒体では正社員雇用の月給25万円で掲載されているのに、Bという媒体では契約社員雇用で月給21万円という企業がありました。あなたが見ている求人媒体がもっとも好条件になっているか、ぜひ応募前に比較してみてください。月給1万円の差は年収12万円の差。非常に大きいですよ。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事