仕事の悩みは誰にでもある

朝起きてから寝るまで、ほとんどの時間を仕事に費やすわけですから、いろいろな悩みはあってあたりまえ。仕事の悩みが少しもない人なんて、たぶん1%もいないでしょう。これまで私もたくさんの悩みを抱えてきましたし、本当にたくさんの方の仕事の悩みを聞いてきました。そこで、これまで私のもとに相談に来られた方の中で多かった「仕事の悩み」とその解決方法をランキング形式をお届けします。

仕事の悩みランキング

【第1位】人間関係の悩み

会社を辞める、あるいは転職する理由の1位もこれですね。会社に属している以上、同僚とコミュニケーションを取りながら働かなくてはいけません。嫌な先輩、上司と出くわしたこと、誰しもが一度はありますよね?同期とうまくやっていけないという方もいるでしょう。そういった人間関係が原因で悩んでいるという人は本当に多いです。実際、転職を意識している人から相談を受けると半分以上は人間関係が絡んでいますね。だから、あなたも人間関係で悩んでいたら、それは特別なことではなくて、よくあること。と捉えて悲観的にならないようにしてくださいね。

仕事の人間関係の悩みを解決するには?

「職場にキライな同僚がいてつらい」「無能な上司がいる」「上司や先輩からのパワハラがつらい」「人のウワサばかりする女子同士のグループがつらい」「職場で浮いていてつらい」など人間関係と一言でいってもいろいろありますよね。無理に気の合わない人と付き合う必要もないかと思いますが「人と自分を比較しない」「背伸びをしない」「他の人の意見を聞き入れる器を持つ」などいくつかの具体的な解決方法を提示した記事がこちらです。「職場の人間関係が嫌で辞めたい人がラクになる5つの方法」ぜひ、見てみてください。

【第2位】そもそも仕事が楽しくない

人間関係的には問題を抱えていなくても、日々の仕事にやりがいを感じなくなったり、楽しくなくなったりしてしまうと、悩みに発展してしまいますよね。1日の大半の時間を仕事で費やしているわけですから、仕事が楽しくないと人生が楽しくなくなってしまいます。ここを解決するためには、まずあなたがなぜ仕事が楽しくないと感じているのか、その原因を探ることから始めてみてください。

仕事が楽しくないという悩みを解決するには?

原因はさまざまあるでしょうが、その原因を突き止めないことには解決はできません。「会社の求める成果に応えられていない」「仕事が単純退屈でやりがいがない」など、いろいろな原因があるでしょう。中には同じ仕事だとしても、これをするだけで一気に仕事が楽しくなるというテクニックもあります。(もちろん、どうしても仕事が楽しくならないという人には転職をお勧めしますが)もし今の仕事が楽しくないと悩んでいるとしたら、こちらの記事を参考にしてみてください。「仕事が楽しくない人必見!充実したワークライフを送るための秘訣とは?」今よりは間違いなく仕事が楽しいと思えるようになるはずです。

【第3位】出世や昇給に関する悩み

スムーズに出世や昇給が叶う人とそうでない人。これはもう入社時に決まっているようなものです。もしあなたが今の会社に5年以上勤めていて、出世や昇給が叶っていないというのであれば、この先5年も残念ながら昇給は見込めないでしょう。出世ができなかった方が、実現するためには、毎日の小さな生活を少しだけ変えていく必要があります。

出世や昇給に関する悩みを解決するには?

一言でいうなら、出世できるタイプの人間に変わるのが一番手っ取り早いです。ではどうすれば良いのか。出世できるタイプの人間というのは、いくつか共通点があります。その共通点を真似していけばいいのです。例えば「頼まれたこと以上のことをする」「職域を超える」などの難しいことから「デスクの周りを綺麗にする」「声を大きくする」といった、こんなことで本当に出世できるようになるの?とも思われがちなこともあります。しかし事実、ささいなことで出世できるタイプに変身することができるのです。 詳しくはこちらの記事で紹介しているのでご参照ください。「出世が見込めないと分かった時に絶対すべき10のこと

【第4位】残業が多い

残業大国と言われる日本は、年間に2,000時間ほど働いており、ドイツやフランスなどと比べると、400時間ほど長いと言われています。これだけ勤務時間に違いがある、働きすぎな日本人。残業の多さを悩みと感じている人もかなり多いことでしょう。ただ全員ではありませんが、意外と非効率な働き方をしているからこそ、残業が多くなってしまっているというケースも多いです。

残業の多さに関する悩みを解決するには?

もっと効率的に仕事を進めることができれば早く帰宅できるのに、という人をこれまでたくさん見てきました。ではどのようにすれば残業の日々から脱することができるようになるのか。もしあなたが残業の多さで悩んでいるとしたら、ぜひ実践してほしい6つのことがあります。これを実践するだけで毎日1時間は早く帰宅できるようになるはずなので、ぜひ明日から実践してみてください。詳しくはこちらに記載しています。「残業ばかりする人必見!「仕事が遅い人」から脱する方法

【第5位】疲れる、過労

電通の新入社員が過労死をとげたニュースが、記憶に新しい方もいらっしゃるでしょう。過労死というのは現代の日本においては、決して他人事ではありません。誰もがそのリスクを抱えていて、気づかぬうちに、あなたにも過労死が迫っているということもありうるのです。ただ疲れが取れないというのではなく「めまいがしてまっすぐ歩けない」「急に心臓がバクバクすることがある」というような症状が出てきている人は非常に危険です。

疲れる、過労 に関する悩みを解決するには?

ここに関しては考え方を変えるだけで解決するケースは非常に稀です。可能であれば今の環境をすぐにでも変えたほうが良いでしょう。とは言ってもなかなかすぐに環境を変えるのも難しいと思います。まずはこちらであなたが過労という状況なのか、チェックしてみてください。過労死の前兆特有の症状が出ているようであれば、有無を言わさず環境を変える必要があるでしょう。「過労死前兆の18の症状!電通の過労死問題は他人事ではない!

【第6位】鬱病、職場うつかもしれない

鬱病というのは精神の病として有名ですが、最近では「職場うつ」という新たなジャンルがあるのをご存知ですか?毎日会社に行くのが本当に辛いという方は、もしかしたら病気が原因かもしれません。もし本当に病気にかかっていたとしたら、無理や我慢は絶対にしてはいけません。発見が遅れることで重症化してしまうのが、精神の病の特徴ですし、自分が病にかかっていたということを知ることで、気持ちがかなり楽になります。

鬱病、職場うつに関する悩みを解決するには?

職場環境を変えるだけで一瞬にして治ってしまうということもありえます。ですので1つの有効な手段として転職をすることも検討してみてはいかがでしょうか。しかし、もし本当に鬱病にかかっていたとしたら転職活動をするのもかなり辛いことでしょう。すでに症状が重症化してしまっている方は1日も早く医療機関にかかったほうがいいです。まだそこまで重症化していない方や、憂鬱な時はあるけど調子の良い時も普通にあるという方は、手軽に始められるサプリメントを飲んでみるというのも手でしょう。とにかく、まずはあなたが鬱病にどのくらい近い状態にいるのか、チェックすることから始めてみてください。こちらの記事を参考にしていただけば、すぐに危険度をチェックすることができます。「職場うつの症状と、重症化する前に脱出する方法

【第7位】失敗が多い

仕事で失敗をしてしまって1日中ブルー。そんな経験、誰もが一度はしていますよね。ブルーな気持ちでいるから、また失敗をしてしまう。そしてさらにブルーな気持ちになる。そんな悪循環にはまってしまうともう最悪です。しかし、人間誰しもが失敗はしてしまうもの。防ごうとしても、残念ながら100%防ぐことはできないのです。では、この失敗とどのように付き合っていくべきなのでしょうか。

仕事の失敗に関する悩みを解決するには?

そもそもの大前提として、どうしても仕事の失敗が減らない人は、今の仕事を見直す必要があります。失敗を完全に防ぐことはできないにしても、失敗をしにくい仕事に就くことはできるからです。例えば管理系が苦手な人は、管理系の仕事ばかりしていれば失敗は増えます。メールなどの文字入力が苦手な人が、文章を書く仕事をしていては、失敗が減ることはないでしょう。このように、あなたの適正を考慮した上で、失敗しにくい、あなたの得意な能力を活かせる仕事を探すべきです。そして、もし失敗してしまったら、くよくよしていても状況は変わりません。大切なのは、今後同じ失敗をしないようにするためにはどうするべきかを考えることです。その失敗が1度目なら「しょうがない」と割り切ってしまいましょう。とはいえ失敗をしてしまうと、どうしても気持ちが暗くなってしまうものです。そんな時にはぜひこちらの記事をチェックしてみてください。「仕事で失敗した日の立ち直り方はコレ!名言+応援ソング【17選】

いかがだったでしょうか。

誰しもが抱える仕事の悩み。コツとしては、今の勤務先を変えずに解決できる方法をまず考えること。社内異動や上司への相談などです。そしてどうしても今の職場では解決が難しいという方であれば、もう思い切って転職を検討してみることです。私はこれまで数百名という方の転職のお手伝いをしてきましたが、転職して本当に良かったと言って性格まで生き生きと明るく変わってしまう人をたくさん見てきました。もしあなたが転職を決意したのであれば、こちらを参考にしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

banner1

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事