「自分は仕事ができないんだ」

そんな思い込みを一度でもしてしまうと、毎日が辛くて仕事に行くことも苦痛になってしまいますよね。もしあなたが今、仕事が辛い。自分は仕事ができない。そう考えていたとしたら、ぜひこのまま記事を読み進めてください。

この記事を読むことで、あなたの「仕事ができないから辛い」という気持ちが楽になるだけでなく、あなたがこのまま今の環境に身を置き続けるべきか、それとも早々に新しい環境に身を移すべきか、この判断もすることができるようになります。

「仕事ができない=転職だ!」はダメ

まずあなたにお伝えしたいのが、仕事ができないからといって、会社を辞めたいとすぐに考えるのはよくありません。失敗をしてしまうと、ついもう辞めたいと思う気持ちもわかります。でもその思考は実は非常に危険なのです。

仕事ができないと思うのなら、なぜできないか。ここをしっかりと考え、今の環境ではどう頑張ってもできるようにならないのか。どうにかして今の環境のまま、仕事が円滑に進むようにならないか、じっくりと検討することが大切です。

もしあなたが数ヶ月後「やっぱり今の会社辞めなくて良かった。これからもここで頑張ろう!」という気持ちになれたとしたら、今「辞めよう」「次はどこの会社に入ろう」と考えること自体が意味のない行為なのです。だからまずは、今の会社で頑張っていけるのか、それとも転職しかないのか。ここをじっくり見極めていきましょう。

なぜこんなことを言うのかというと、あなたは心のどこかで多少なりとも思っているはずです。できることなら、今の会社は辞めずにうまくやっていきたいと。今から数カ月後「仕事ができないと悩んでいる時期もあったな。でもあの時頑張って乗り越えることができて本当に良かった」というように笑い話にできるよう、今からほんの少しだけ考え方を変えて、頑張ってみましょう。

あなたはどんな時に「自分は仕事ができない。辛い」を思いますか?

まずはさっそく辛いかもしれませんが、あなたはどんな時に「自分は仕事ができない。辛い」と思いますか?あなたがどうして仕事ができないと思うのか。その原因を探るための大事な自己分析なので、辛いかもしれませんが、頑張って思い返してみてください。

上司に怒られる時

毎日のように上司に怒られてばかり。そのたびに「自分は仕事ができないんだ」と自己嫌悪に陥ってしまう。こういった負のスパイラルにはまってしまっている方って意外と多いです。怒られるたびに自己嫌悪に陥る。この繰り返し。これが毎日続くようでしたら本当に辛いですよね。でも大丈夫。ちゃんと改善できる方法があります。

同期たちの活躍を見た時

同意たち、あるいは同僚たちはいつも仕事をうまくこなしている。ちゃっかり昇格までしている人たちもいる。上司からも褒められてばかり。それに比べて自分はどうだ。失敗ばかりして、成長もまったく見られない。周りの人たちと自分を比べて劣等感がすごい。そんな思考になってしまっている方もいますよね。でも大丈夫ですよ。自分は自分。他人は他人。あなたが失敗を繰り返さなければ良いのです。失敗を減らす方法も意外と簡単なので、このまま記事を読み進めてください。

ミーティングなどで話にまったくついていけなかった時

ミーティングに参加しても、自分はまったく発言できない。もし発言して、見当違いなことを言ってしまったらどうしよう。そんなことを考えると手を挙げることなんて絶対にできない。もし誰かに意見を求められても、小さな声で当たり障りのないことを言うだけ。その結果、いつも自分はミーティングについていけない。取り残された疎外感だけが残る。この自己嫌悪も辛いですよね。

周りの同僚から仲間はずれにされてしまった時

同僚たちも仕事ができる人同士でつるんで、仕事の成功体験を語り合って盛り上がっている。もちろんそんな輪に入れるわけがない。じゃあ自分は誰と仲良く話していれば良いのか。次第と周りの人たちも仕事ができる軍団に吸収されていく。するといつのまにか自分の周りには誰もいなくなってしまう。この孤独感てたまらなく辛いと思います。でも、改善方法は簡単です。あなたも仕事ができる人になれば良いのです。決して難しくないから、このまま読み進めてくださいね。

何度も同じ失敗を繰り返してしまった時

「これ前も言ったよね?」「いつも言ってると思うけどさ・・・」こんな言葉を投げかけられるたびに、本当に自分は仕事ができないんだと自己嫌悪になってしまいますよね。同じ失敗を繰り返すのは、確かに良くないこと。ではどうすれば繰り返さないようになるのか。その答えも実は簡単です。

周りの人よりも自分の仕事を終わらせるスピードが遅かった時

いつも居残りは自分だけ。周りの人たちはとっくに仕事を終わらせているのに、自分はいつも残業で仕事がなかなか片付かない。過去にこのような記事を書いたこともありましたが、(残業ばかりする人必見!「仕事が遅い人」から脱する方法)仕事のスピードが周りと比べて遅いというのは、劣等感の大きな原因になりますよね。とはいえただ、仕事が早くなれば良いわけでもありませんよ。

仕事で関わる人たちがイラついているのがわかった時

自分に対して周りのみんながイライラしているような気がする。原因は自分が仕事ができないからだろう。そんなマイナス思考になってしまうと、余計に人をイラつかせてしまうものです。どうすれば周りの人にいらつかせず、気持ちよく対応をしてもらえうようになるのか。ここもある簡単な意識の変化をするだけですぐに周りの対応も変わってくることでしょう。

いかがですか?

あなたが仕事ができないと感じる瞬間はありましたか?もし今あなたが仕事ができないと自分で思っていたとしても、意外と簡単な方法で自分自身を変えることができます。ではまず、あなたが仕事が辛いと感じる時、どのような感情になっていますか?これまでは「仕事ができないと実感するシーン」を思い返していただきましたが、その時にどんな感情になっているのか。ここをつきとめると、あなたがどうすれば「仕事ができる人間」になれるのかが見えてきます。ここも辛い自己分析かもしれませんが、あなたが仕事ができない、辛いと感じる時の感情を思い返してみてください。

仕事ができなくて辛いと感じる時の感情とは?

仕事ができないと感じていたら、辛い日々が続いてしまうのも当然ですよね。ただ、単純に辛いという感情だけで捉えていたら、解決策を見出すことはできません。あなたがなぜ、辛いと感じるのか。ここを思い返していただきたいのです。当然、なぜ辛いのかを自己分析すること自体が辛いと思います。でも、ここがうやむやだと、どうしても解決策を見出すことはできないのです。だから、あなたが仕事ができなくて辛いと思う時、どんな感情になっているのか、思い返してみてください。

失敗ばかりして自分は仕事ができないと自己嫌悪に陥る

「またこんなつまらない失敗をしてしまった」何度も注意されてきたのに、また同じようなことで怒られてしまう。なんで失敗を繰り返してしまうのか、原因はなんとなくわかっていても、なぜかまた繰り返してしまう。こういう日々が続くと、どうしても自己嫌悪に陥らざるを得ませんよね。「仕事ができない自分が嫌になる」という感情が湧いてしまっているのかもしれません。

上司や先輩に怒られるのが嫌、それを周りに見られるのも嫌

「あの人、いつも怒られてばかりだよね」こんなふうに同僚から思われていたとしたら、さぞ辛い毎日でしょう。怒られて気持ちの良い想いをする人はいません。さらにこれが、人の目につく場所で怒られると、周りの目も気になってしまいます。こんな日々が続いていくと、次第に社内全体で「あの人は仕事ができない」というイメージが根付いてしまいます。

平日の退社後も休みの日も常に仕事の失敗が頭をよぎって憂鬱

仕事が終わったあとや、休日。この完全プライベートな時間になってまで、仕事の失敗や、仕事ができないことへの不安がつきまとって憂鬱になっていませんか?ここまでくると、はっきり言って結構危険な状況です。早急にあなたの仕事のスタンスを変えるか、職場を変えるかをして、今の状況を脱さないと、精神的な病にかかってしまうのも、時間の問題かもしれません。もしかしてうつ病?!なんてことがよぎったら、こちらの記事もチェックしてみてください。(職場うつの症状と、重症化する前に脱出する方法

自分はもっとできる人間だと思っていたため、自信が喪失される

「こんなはずじゃない」「どこで間違ったんだろう」こんなふうに、描いていた理想像とのギャップに悩まされることもあるかと思います。特に入社時には、誰もが希望を抱くはずです。活躍した自分の姿を想像するのでしょう。しかし、現実を知ると・・・。この理想から現実の落差が大きければ大きいほど、あなたが受けるショックも大きくなります。次第に「自分は仕事ができない人間なんだ」と自信も喪失されてしまうでしょう。

またミスをするんじゃないかと思うと不安でたまらない

毎日、不安な気持ちが心のどこかにあると、それがまた集中力や注意がそがれる原因となり、ミスを引き起こしてしまう原因になる。そして失敗→落ち込む→失敗→落ち込むという悪循環に突入する。このケースにはまってしまう人も非常に多いです。もうミスができないという気持ちを抱くことは、当然作業も慎重になるので、ミスを減らすために有効な一面はあります。ただ、それでも失敗してしまうとショックもその分大きくなってしまいますし、その結果、悪循環へと続いてしまうのです。

同期や同僚との比較による劣等感

飲み会に行けば周りの同期や同僚たちの自分は仕事できる自慢大会が開催され、最高に酒がまずい。自分はグチりたい気持ちがあるのに、周りの自慢を聞いていたら情けなくなってくる。周りに比べてなんて自分は仕事ができない人なんだと。この劣等感を抱き、プラスのエネルギーに変えられる人ならそれでも問題ないでしょう。でも、どんどんマイナス思考に陥ってしまう人は、その状況から脱する方法を考えなくてはなりません。

 

以上が、仕事ができないと自覚している人が、特に辛いと感じる時の感情です。あなたもこのような辛いシーンのいくつかに当てはまっているのではないでしょうか?これらの感情を見てもお分かりのように「仕事ができない」というネガティブな思い込みが大きな原因になっているのでしょう。

 

人間誰しもが失敗はする。そのミスの捉え方が人生を変える。

ここで大事なのは、起こしてしまったミスを悔やむことではありません。あなたが失敗を繰り返さないためにすべきことを考えなくてはいけないのです。仕事のミスはどうしても取り返すことはできません。だからこそ、どのようにしてそのミスを未来の仕事に活かすかが求められるのです。人間なら誰しもが失敗はしてしまうもの。あなたが尊敬するビジネスマンであっても、必ずミスは起こしてきました。それが人間です。なので過去のミスにくよくよするのではなく、失敗を繰り返さないためにすべきことを考えていきましょう。

 

失敗を繰り返さないためにすべきこととは?

メモを取る

最初は上司や先輩が言っていることの、どこが大事なポイントかを瞬時に把握するのは難しいと思います。だからこそ「なるべくメモを取る」ということを心がけてみてください。メモを書くことで「そういえばあの時、先輩がこんなこと言っていたな。」と思い返すきっかけにもなります。慣れるまではたくさんメモを取る。その中でも特に大事なことを目立つようにしておく。メモを取る際には。これだけ心がけてみてください。

失敗から必ず学びを得る(失敗は成長のチャンスと捉える)

「1失敗、1学び」1つ失敗したら、必ず1つ以上のことを学ぶ、という気持ちで常にいることが大事です。何度も繰り返される失敗は良くないですが、1回目の失敗は、成長のチャンスと捉えてください。今後同じミスを繰り返さないように対策できれば、失敗のたびにアップデートされ、どんどん仕事ができる人間へと成長できるチャンスなのです。

気にしすぎない

くよくよした気持ちで仕事に望んでいると、はっきり言って良いことは1つもありません。くよくよして、誰かの助けを待っているのは甘えでしかないですし、自分の力で前に進むしかないのです。だから気にしすぎも良くありません。過去の失敗は引きずりすぎずに、前を向いて仕事に取り組むということを意識してください。

人のせいにしない

もしあなたが失敗をして、人のせい、自分以外の何かのせいにしたとしたら、今日からその考え方は絶対にやめてください。もし仮に、100%あなたが悪くないとします。それでも、周りのせいではなくて、自分がどうしていれば防げたのか。常に自分の原因を探る癖をつけてください。人のせいにした瞬間に、あなたの成長は止まります。自分の原因を探ることが習慣化されれば、日々成長し続けることができるようになります。

 

仕事ができないのが辛いのは、当たり前のこと。

あなたが仕事ができないのは「そもそもその仕事が向いていない」「あなたの能力が低すぎる」この2つが原因になっているケースは非常にまれです。つまり、あなたは本当は仕事ができないわけではありません。あなたの能力が低すぎるのが問題でもないのです。今からお伝えする能力をちょっとだけ意識して磨いてみてください。これにより、あなた自身が大幅に成長し、仕事での失敗がみるみるうちに減っていくでしょう。

仕事ができない人から、できる人に生まれ変わるために磨くべき5つの力

【1】吸収力

指摘されても「右から左」に受け流す癖がついていませんか?いつかあなたが人の上司になった時、気づくと思います。部下を指摘するのもとても体力が必要なことです。嫌なことでも、耳の痛いことでも、まずは吸収して、あなたの成長につなげる力を身につけてください。

【2】主体性

受け身になっていると、どうしても仕事が面白くなくなってしまいますし、その結果失敗もしやすい状況になってしまいます。振られた仕事をこなすだけという仕事スタイルから、主体性をもって仕事に取り組む姿勢に変えてみてください。

【3】目標設定力

今の自分がどういった状況で、課題がどこにあるかを把握する力です。そしてその課題を払拭するために具体的にどのような目標を設定すべきかを判断できる力になります。

【4】コミュニケーション力

よくコミュ障という人がいますが、コミュニケーション力は、スキルや技術でいくらでもカバーできます。訓練することであなたのコミュニケーション力は簡単に向上し、上司とも良好な関係を築けるようになります。

【5】生産性

一つひとつの仕事にとても時間がかかってしまう。求められているのは、数分の仕事でも、つい數十分かかってしまう。そんな状況が続くと、どうしても「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまうがちです。逆に言えば生産性さえ高めれば、それだけでこの人はある程度は仕事ができる人、という状態にまでもっていくことができるでしょう。

【番外編】遊び力

仕事以外のプライベートを充実させると、それだけで仕事のミスが減るという人も中にはいます。理由はプライベートが充実していると、仕事の失敗も長い期間くよくよすることがなくなります。つまり気持ちの切り替えが早いということ。ストレスを発散できる、独自の遊び方を知っている人はやはり、前向きで人生を充実させている人が多いです。

どうしても無理な場合は転職を考えましょう

今の環境ではもう、どうすることもできない。そんな場合は転職を考えざるを得ません。「私なんかが転職活動してもうまくいくはずがない」とお思いの方もいるでしょうが、難しいことはありません。私自身が1,000名以上の採用に関わってきたからこそ、わかります。ただ、うえに挙げた、5個プラスアルファの「力」を磨いた上で転職をすべきかの結論を出してほしいです。そうでなければ、次の職場でも同じような思いをしてしまうでしょう。

転職することを目的にしないでください

日々の生活の中で、もっとも長い時間を過ごすのは何をしている時でしょうか?寝ている時間は意識がないので抜かすとすると、働いている時間ですよね。一般の人の人生では、遊びでも、家族との時間でもなく、仕事をしている時間がもっとも多いのです。そんな仕事がうまくいっていなければ、当然人生がうまくいかないというネガティブ人生になってしまいます。ただし、逆に言えば、仕事さえ充実していれば、人生が充実し、その結果、仕事以外のプライベートまで充実していきます。それくらい、人生の充実度は、仕事が占める割合が高いのです。毎日の仕事にやりがいを持って、生き生きとしたワークライフを送れる環境に身を置きましょう。そのための最短距離が転職だとしたら、私が全力で応援させていただきます。

この記事はお役に立てましたでしょうか?

よろしければ、ポチッと応援よろしくお願いします。

おすすめの記事